横浜市磯子区の婦人科|磯子悠レディースクリニック

コラム

2015/11/25

ピルの都市伝説

低用量ピルは月経困難症、月経前症候群やニキビに大変有効な薬ですが、吐き気が多いとか体重が増える、がんになるなどという都市伝説があります。

先日発表されたデータでは、長期的に体重が増加することはありませんし、吐き気もしばらくすると軽減することがほとんどです。

5年以上内服すると乳がんの危険性がわずかに増えますが、卵巣がんや大腸ガンの危険は減少することがわかってきました。

血栓症の危険は妊婦さんや分娩後の褥婦さんに比べれば12分の1、40分の1と低く、内服し始めた3ヶ月間を慎重に管理すれば、問題は少なくなります。

都市伝説に惑わされずに、上手にピルを使いましょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
磯子 悠レディースクリニック
横浜市磯子区磯子3-3-21
磯子江戸徳ビル本館1階3号室
045-754-5888
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇