横浜市磯子区の婦人科|磯子悠レディースクリニック

コラム

2015/12/24

ホルモンバランス ? 2

 

突然ですが、

恒常性(ホメオスタシス(Homeostasis)の維持という言葉は、外部環境や内部環境の変化に対応して、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとすることを言います。

たくさん汗をかいて、体が塩分を補給したい時、塩分濃度の濃いものを欲しがります。逆に、塩分を摂りすぎた時、薄めるために体は水分を欲しがります(喉が渇きます)。

状況の変化に対応して、恒常性を保つために、それを元に戻そうとする作用、変化を打ち消す向きの変化を生む働きが存在しなければならないことになります。これを、フィードバック作用といいます。この作用を主に司っているのが間脳-視床下部であり、その指令の伝達網の役割を自律神経系系や内分泌系(ホルモン分泌)が担っています。

ホルモンの乱れは、自律神経と深い関係があります。

自律神経をコントロールしているのは脳のなかの 「視床下部」 という場所で、この視床下部はホルモンの分泌もコントロールしています。

自律神経もホルモンバランスも視床下部がコントロールしているために、お互いが影響しあっています。

(続く)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
磯子 悠レディースクリニック
横浜市磯子区磯子3-3-21
磯子江戸徳ビル本館1階3号室
045-754-5888
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015/12/21

ホルモンバランス?

 

ホルモンて何?

成長ホルモン、甲状腺ホルモン、ステロイド、男性ホルモン、女性ホルモン等たくさんあります。

微量で体の中の代謝、神経伝達、発生、分化、などのあらゆる生体活動の調節機構に密接に関与する物質のうち、

その生物自体の器官または組織でつくられるものをいいます。

乱れを直すものがホルモンですから、日々の体調や、環境によりそのバランスは変化します。

環境や体調に対して正しく調節できない状態が続けば、調子は悪くなりそうです。

実際、ホルモン分泌の異常による病気はたくさんあります。

ホルモンバランスが悪いとよく言いますが、どういうことでしょうか。

これから少しずつ説明していきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
磯子 悠レディースクリニック
横浜市磯子区磯子3-3-21
磯子江戸徳ビル本館1階3号室
045-754-5888
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015/12/15

社会の利益と個人の利益 自分の生きる社会と死ぬことへの覚悟

 

科学的に『HPVワクチンの利益は、リスクを依然上回っている』ことが明らかであり、子宮頸がんで比較的若く亡くなった人たちがいる状況と、障害が残っているのは日本でも1万人に1人ぐらいの副作用と、どちらのリスクを取るかでしょう。

科学的にというのは、誤解を恐れずに言えば統計学的にという意味でしょう。

統計学的にとした時に、個人は消えます。

ガイドラインや教科書に記載されるエビデンスと言われるものは、統計学的に有意に差があるものの積み重ねです。

わかりやすく言えば、正規分布の両端は割愛されます。つまり、月もスッポンも存在しない世界では、これが正しいという意味でしょう。

ところが、その結果行われたいろいろな行為により、障害を受けた人が出た場合、「ガイドラインに従って行っているので落ち度はない」ということになります。実際の社会には月もスッポンもいますから。断っておきますが、これはガイドライン利用の誤った利用方法です。

 

寝たきりでも長く生きていることが良いのか、寝たきりの人が多いと介護に多くの人員が取られ、社会の生産性が落ちる。ならば、寝たきりになる前に死んでしまえということか。一人一人の人を見ていけば、少しでも長く生きていてほしい。介護する人が必要だ。介護疲れで、介護を受ける人を殺して、一緒に死ぬ。社会が生きるということを「こういうことだ」と決めないと。ずるずると奈落へ堕ちていくことでしょう。

各個人が、覚悟する。

働くのが嫌だから、すでに死んでしまった人を生きていることにして、年金の支給を受け続ける。なんだこれはということが多すぎるような気がします。文句だけ言う人、無責任に文句だけ言う人は民主党がそうだったように結局みんなに迷惑をかけます。各個人が覚悟する。覚悟するためにたくさん考えましょう。考えるための情報は提供します。

十分な情報提供と説明によって得られた同意。これをインフォームドコンセントと言います。

 

ワクチンの話から脱線しましたが、突き詰めればこういうことでしょう。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
磯子 悠レディースクリニック
横浜市磯子区磯子3-3-21
磯子江戸徳ビル本館1階3号室
045-754-5888
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015/12/15

子宮頸がんワクチンの副反応? 社会の利益と個人の障害。

 

日本でも少なくない数が報告されている、子宮頸(けい)がんワクチン(HPVワクチン)の有害事象(ワクチンとの因果関係がはっきりしないものも含めた副作用)。について欧州医薬品庁は今年7月から行っていた検証の結果を発表しました。

「現在、利用可能なエビデンス(根拠となる研究結果)では、子宮頸がんワクチンと有害事象の因果関係が示されていない」

 

子宮頸がんワクチンの有害事象は日本だけでなく、世界的に報告されており、各国で調査が行われている。「サーバリックス」(2価ワクチン)、「ガーダシル」(4価ワクチン)、「ガーダシル9」(9価ワクチン、日本未承認)の3種類の子宮頸がんワクチンを対象に、報告されている「複合性局所疼痛症候群(CRPS)」と「体位性起立性頻拍症候群(POTS)」の有害事象との因果関係の有無を報告した。

その結果、現時点では子宮頸がんワクチンとCRPSPOTSとの因果関係は示されなかったと結論した。

 

科学的に『HPVワクチンの利益は、リスクを依然上回っている』ことが明らかであり、子宮頸がんで比較的若く亡くなった人たちがいる状況と、障害が残っているのは日本でも1万人に1人ぐらいの副作用と、どちらのリスクを取るかでしょう

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
磯子 悠レディースクリニック
横浜市磯子区磯子3-3-21
磯子江戸徳ビル本館1階3号室
045-754-5888
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015/12/03

女児が欲しい。万世一系?

 海外では、男女産み分けのための着床前スクリ-ニング検査が実施されていますが、日本産婦人科学会は、命の選別につながるとして着床前診断を重い遺伝病など一部を除き認めていません。どうしても欲しい人は海外で着床前スクリ-ニングを受けているようです。

 最近では、体外受精で受精卵を複数つくり、凍結して米国へ送り、染色体で性別を判定する着床前診断を受け、女児の受精卵を子宮に戻して出産するケ-スもあるそうです。総費用は約300万円前後です。
 なぜ女性なのか?

 昔相撲部屋では、女児が生まれることを望んだようです。部屋の強いお相撲さんと結婚させて、婿に部屋を継承させるためです。男児が生まれても強いお相撲さんになるとは限りませんから。残念。

 2010年の国立社会保障、人口問題研究所の調査では、子ども1人の場合に夫婦が望む性別は、女が68%で、男は31%でした。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
磯子 悠レディースクリニック
横浜市磯子区磯子3-3-21
磯子江戸徳ビル本館1階3号室
045-754-5888
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇