横浜市磯子区の婦人科|磯子悠レディースクリニック

妊婦健診

妊婦健診は、お母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするための健康診断です。
妊娠中は体にいろいろな変化が起こりますし、自覚症状が無く、一見順調に見えても、トラブルが隠れている可能性もあります。

特に気がかりなことが無くても、一定の間隔で妊婦健診を受けて、胎児の育ち具合やご自身の健康状態(血圧、尿など)をチェックしておきましょう。
健診日以外でも、出血や腹痛など「おかしい」と感じたときは、すぐに受診してください。

妊婦健診で行う検査

妊婦健診で行う検査は、どれも母体と赤ちゃんの健康を確かめるための、大事なものばかりです。
例えば血液型検査は、出産時の万一の大出血に備えるばかりではありません。お母さんの血液型 が Rh(-)というタイプの場合、赤ちゃんに血液型不適合という状態が起こり、貧血や黄疸が強く出ることがあります。
こういったケースを防ぐためにも、出産前にしておく大切な検査です。

また、B型肝炎ウイルスの抗原検査は、お母さんがそのウイルスをもっていると、出産時に赤ちゃんに感染することがあるからです。
母体の感染がわかっていれば、母子感染を防ぐために、生後間も無い赤ちゃんに、免疫グロブリンやワクチンを接種して、その感染を防ぎます。

具体的な妊婦健診項目

  1. 妊娠初期に行う検査
    ◆血液検査
    (血液型:ABO式、Rh式/不規則抗体検査/貧血の有無/梅毒血清反応/B型肝炎ウイルス抗原検査/C型肝炎ウイルス抗体検査/風疹ウイルス抗体検査/ HTLV-1抗体検査)
    ◆子宮頸がん検査など
    貧血検査は、初期・中期・末期に各1回ずつ行います。
    HTLV-1抗体検査は中期以降でもよい。
  2. 定期妊婦健診で毎回行う検査
    • 子宮底の長さ
    • 腹囲の測定
    • 胎児の大きさ・位置
    • 胎児心音の確認
    • 体重測定
    • 血圧測定
    • 尿検査(たんぱく・糖)
    • むくみの有無 など
  3. 妊娠中に行う検査
    • 超音波検査(胎児発育・胎盤の位置・羊水量・子宮頸管長など)
    • 胎児・胎盤機能検査(※NST)
    • 血糖値
    • 血液凝固検査
    • HIV抗体検査
    • 性器クラミジア検査
    • B群溶血性連鎖球菌検査
    ※NST:ノン・ストレス・テストの略。ノン・ストレスというのは、ストレスが無い、つまり子宮収縮の全く無い(お産が始まっていない)状態を指す。このときに胎児の心拍数を調べ、胎児の状態を評価する検査のことで、胎児心拍数モニタリングとも言う。
  4. 妊娠中、必要に応じて行う検査
    • 心電図
    • 胸部エックス線撮影
    • 肝機能・腎機能検査
    • 骨盤エックス線検査
    • キソプラズマ抗体検査など

信頼と実績の婦人科で安心の妊婦健診をしっかり受けましょう

妊婦健診は妊婦さんご本人の健康と、お腹の中の赤ちゃんの健やかな成長を確認するために欠かせないものです。忙しくて時間がないからとか、面倒だからと思わず、ご自身と赤ちゃんを守るためにしっかりとお受けください。当院は磯子駅の目の前で19時まで開院しており、お仕事帰りやお買い物ついでにも通いやすいので便利です。
こうした健診は決して面倒なものではなく、赤ちゃんの成長を確認できるという楽しみがあります。妊娠中のお悩みやご不安も、ベテランの婦人科医に相談できますので安心です。
定期的に健康チェックを行うことで、薬の服用が難しくなる妊娠期に病気の早期発見や、症状を悪化させずに改善する対応もとれます。磯子悠レディースクリニックで、欠かさず定期的に妊婦健診を受けましょう。

先天性風疹症候群を防ぐために、妊娠を望むみなさんには、妊娠前に風疹ワクチンを接種するようお勧めします。

妊娠中は抵抗力の低下により、インフルエンザに罹患すると重症化してしまう場合があります。妊娠中でもインフルエンザワクチン接種は可能ですのでお申し付けください。