横浜市磯子区の婦人科|磯子悠レディースクリニック

更年期障害

女性は30歳代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量が次第に減少してきます。
そして平均して50歳前後で閉経を迎えますが、その前後の45~55歳までを一般に更年期と呼んでいます(この年齢には個人差があります)。
更年期は急激に女性ホルモンが減少するため、体がその減少変化についていけず、さまざまな変調を来たしがちです。
当院では、ホルモン補充療法・漢方療法などの治療を行なっております。

更年期障害の症状について

更年期障害では、月経異常やのぼせ、ほてり、不安などの症状が引き起こされます。
また肌や髪のつやが無くなったり、性器の萎縮も起こってきたりします。潤いも少なくなり、性交時に痛みを感じるようになる人もいます。そのため夫との性交渉がうまくいかなくなり、悩んでしまうケースも多いようです。

また、更年期にうつ症状を呈する人がたくさんおられます。
更年期うつに隠れて、あるいはそれが引き金となり、本物のうつ病が発症することもあります。
一方、更年期にはさまざまな不定愁訴が現れるため、別の病気が隠れていても、更年期のせいだろうと決めつけ、本来の病気を見逃してしまうことがあります。うつ病、心臓病、がん、糖尿病といった病気が隠れている可能性もありますので、まずは早めのご相談をお勧めいたします。

更年期障害の検査と治療

前述の症状および血中の女性ホルモン量を調べる検査で更年期障害の診断を行います。
また更年期障害の治療では卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与するホルモン補充療法(HRT:Hormone Replacement Therapy)が一般的な治療法ですが、ホルモン療法以外にも漢方薬やプラセンタ(胎盤から抽出した有効成分)注射で症状を軽減することもできます。

辛い更年期障害に悩まず、当婦人科にご相談ください。

40歳代半ばには更年期になります。更年期障害の症状は人によってさまざまですが、閉経前後から5年から10年もの間、ほてりやのぼせ、むくみやイライラなど辛い症状が生じ、中には1日起きることもできないほど重い症状に悩まされる方もいます。更年期障害かなと思ったら、一人で悩まず、磯子悠レディースクリニックへご相談ください。
また、更年期障害は気の病などではなく、女性ホルモン量の急激な変化により生じますので、血液検査で確認することができます。適切なホルモン補充療法は、骨粗しょう症を防いだり、若さを保つなどいろいろなメリットもあります。少子化の今の時代、元気な熟年女性に社会を支えていただく上でも必要な治療法だと考えています。
症状や重さに応じて、ホルモン補充療法や漢方薬など適切な治療法もご提案いたしますので、安心して磯子悠レディースクリニックへご来院ください。